少し長めの 幸せの余韻

 

 数日前に よい出来事があった、

 

 残念ながら就労が決定したわけではないが。

 連絡があった 私の唯一の親しい人から

 

  話し方が 昔の彼の良さを醸し出しながら

  会話を続けてくれたことに 

  とてつもなく幸せを感じて、

  うれしかった。  

   これ人生最大といってもいいでしょう。

 

 よい変化が 彼に起こったようだ、

  その要因は諦め や

 救いを求めてからかもしれないけれど、

 私としては 穏やかさを取り戻し、

 豊かさにつながるであろう

 雰囲気は好きで。 

 悪いものではないと思う、

   いい出会いがあったのやもしれないし。

 

 

 

   その嬉しさの余韻が 

   私の集中力の妨げになり

   幸せは時に 

  悪影響をもたらすもの になるらしい、

    でも 幸せである。

 

   あとは 注意散漫さ を

  どうコントロールするか

   私の技量によって世界が変わるので。

    厳しい、、、

 

 

 

 

 

 最近は 物 にも

 少し欲を見出しても良いかと

  気を緩めがちで、

 

  特定の場所 や空間の位置に

  お気に入りを作って

  じぶんへのプレゼントにしている。

 

  昔は よく、 

 そればかりに執着していたりで

  そんな欲から 離れたくて

  手放していたけれど。

 特に 自然とそんな欲から

 逃れられるようになった今

 また 作って私の愉しみに

 貢献してくれるよう、頼みたい所。

 

 

 そこは 自分の魂とでもいうのか 一部を

 置いてきて  いつでも私 に

 反応してくれる物や場所、

  とても愛おしい存在であります、

f:id:keepescape1225:20201211201349j:plain

 

 

  いつかは そんな物も なくなって 

  愉しさも 孤独も 

 さみしさも くるしさも

  愛おしさになって 一つの人 

  と歩んでいくのも 悪くない願い、

 

 

  そんな 自分を

 一時的に切り離した 存在って

   とある物語の分霊箱みたいね、

 

 

   贅沢しすぎないよう 戒めなければ。